鹿児島で開催される木下大サーカスについて

木下大サーカス① 木下大サーカス鹿児島公演は16日、入場者が10万人を突破した。 このサーカスは3月11日に開幕された。鹿児島市のイオンモールの 近くに動物なども入る赤い色のテントがある。そこでサーカスをやっている。 遠方からきた方は赤いテントを目印にしてくださいね。 このサーカスは私が今一番行きたいところです。 あ!ハワイの次に行きたいです。 木下大サ…

続きを読む

今日の夜ご飯はパスタとビールときゅうり

今日の夜ご飯① 今日の夜ご飯はパスタでした。 美味しかったです。 少しゴマ風味で懐かしい味でした。 パスタはやっぱりゴマ風味ですよね。 あと塩を少しかけただけで味が美味しくなります。 美味しいものが食べられる幸せってこういうことかな。 スポンサーリンク 今日の夜ご飯② あとは醤油につけたきゅうりを食べました。 きゅうりはやっぱり醤油…

続きを読む

【究極の選択】フランクフルトソーセージ、ベーコン、フライドポテト。一番老ける食べ物はどれ?

【究極の選択】※クイズ形式です。 ①フランクフルトソーセージ ②ベーコン ③フライドポテト どれも美味しそうな食べ物ですね。 一番老ける食べ物はどれだと思いますか? 下記の動画で詳細を伝えています。 貴方の決断力が試されます! 是非、理由もお答えください(*^^*) YouTubeにて【究極の選択チャンネル】を配信中! 是非チャンネル登録お…

続きを読む

ビジネスチャンス!

ビジネスチャンス① 貴方はビジネスをやっていますか? 私はビジネスというかブログを書いています。 ブログに掲載している広告収入を得ています。 当ブログもそうですね。 まぁ、慣れるまでは大変ですが、慣れてくると少し楽しいです。 スポンサーリンク ビジネスチャンス② 私も2年くらいネットビジネスをやっています。 頭は使うし、パソコンは苦手です…

続きを読む

相棒16 18話のネタバレと感想

相棒16 18話のネタバレ前半 工場で働いている中国人労働者のおっさんが殺された。 殺されたのはそこの従業員だったかな? そこの支払いができなくて工場は解散。 すまなかったな…って感じ。 中国人の労働者に対して支払いができないのが理由。 お詫びをするのは日本の専務。 素直に聞いている中国人労働者は大人しかったのは驚いた(汗) 警視庁の通訳の人が中国語で…

続きを読む

西郷どん嫁の須賀との離縁について

西郷どん嫁の須賀との離縁① 一番目の妻須賀さんの離縁はなんの不思議はない 当り前の事ではなかったかと思います。 長い期間江戸や京都に行って討幕に走る夫を待てるかな? 大家族の世話をして大忙しの毎日ですよ どう見たって辛いでしょう。 貧しい毎日がダメだしですから。 私だったらさっさと逃げますね。 黒船が来ようが政治がどうなろうが当時の女性には…

続きを読む

日本の中高生の為にならないお話です

日本の中高生の為にならない話① みなさんかったるい学生生活送っている事でしょう だらだらと毎日が過ぎて 何の為にと考えてる奴はまだマシな人かも 社会が悪いとか先生がダメだとか親がウザいとか そんなお前達に糞みそのお話をしまょう 世界の東の端っこにある小さな国がありました。 小さい国ながら平和になんとか真面目に頑張っていました。 貧しい国なの…

続きを読む

西郷どんこの時代アジア諸国はひどい事になっていた

西郷どん時代のアジア諸国① 西郷どん誕生は1828年1月23日アジアはどんな情勢だったか知っていますか? 1853年ぺりーが黒船で恫喝外交に来た年 1840年~42年アヘン戦争イギリスが清国にアヘンを売りまくったのだが。 国がダメになるとの危機感でそれを拒否した清国に因縁をつけて戦争をふっかけた戦いです。 清国はボロクソに負けて香港の割譲、広州、上海の開港など不平等…

続きを読む

「大河ドラマ西郷どん」について

「大河ドラマ西郷どん」について① 徳川時代の薩摩藩において西郷吉之助の人柄を表す為農民の娘が借金の肩に売られていく場面での 吉之助の優しさの素直なところが良く伝わって分かり易かったですね。 まだ時代の本流には入ってはいないけど西郷の性格を知ってから入って行くと ただの歴史の維新で終わるのではなく一人一人がいろんな感情や怒りや優しさがあっての維新です。 本当に当時の日…

続きを読む

【西郷どん】第一回西郷どん少年時代編

【西郷どん】第1話西郷どん少年時代編① まだ徳川時代が絶対的な権勢を維持していた訳で全国諸藩皆一同徳川の顔色をうかがっていた時に なんと薩摩藩において先見の眼があった島津斉彬が日本国の危うさを感じ白人列強国の勢いに 如何に備えをしなくてはいけないかがひしひしと感じられたのがよかった。 西郷小吉の眼の前にての大砲の失敗は斉彬の焦りみたいな悲壮感に近い気持ちが伝わる場面であり…

続きを読む